海外協定大学推薦制度

海外協定大学推薦制度

海外協定大学推薦制度(UPAA)とは、20の海外協定大学が共通の入学願書とUPAA加入の高等学校の推薦で合否審査をおこなうプログラムです。海外協定大学はいずれも多様性に富んだ環境のなかで修学できる大学であり、積極的な留学生の受入れとその教育の質を高めるという使命を共有しています。

UPAAでは、高校3年の1学期までの成績と、在籍する高等学校の推薦によって合否審査をおこないます。そのため、国内の大学を第一志望にしている受験生もその受験勉強を妨げることなく、グローバルな進路選択が可能となります。

グローバル時代に必要な人材とは地球規模で広く物事を考え、合理的、客観的に問題を解決する能力を持ち、異なる文化的背景を持った人々と交流・交渉できる能力を持った人材と言えるでしょう。このような視点で高校生の皆さんがUPAAを利用して海外大学を含めた進路選択をご検討されることを願っています。

UPAAによる出願

UPAAでは、海外協定大学(英米の名門20大学)共通の入学願書によって最大4大学まで出願できます。合格通知は年内(11〜12月)に取得でき、国内受験が終わる翌年3月末まで有効です。
UPAAによる出願には、海外協定大学を第一志望とし、合格した場合に協定大学に入学することを前提にする「グローバル専願」と、協定大学以外の国内・海外大学等を第一志望とする「グローバル併願」の二種類があります。
UPAAによる出願 イメージ図

グローバル専願・グローバル併願の特長

イギリス協定大学

イギリスの大学ロゴ一覧
イギリスの大学一覧

これだけは知っておこう!

イギリス編

イギリスの大学(スコットランドを除く)は日本とは異なり3年制です。一般教養課程がなく、初年度から専門課程がスタートします。そのギャップを埋めるため、留学生は初年度に「ファウンデーション」コースを受講し、卒業までに4年間かけるのが一般的です。

しかし、「インターナショナル・イヤー・ワン(IYO)」と呼ばれるプログラムを持つ大学の場合、成績優秀な高校生はIYOに入学することで大学を3年間で卒業できます。IYOには、国際バカロレア認定校に通学していない学生の方も入学できます。

イギリスのパスウェイ

アメリカ協定大学

アメリカの大学ロゴ一覧
アメリカの大学一覧

これだけは知っておこう!

アメリカ編

アメリカの大学は日本と同じく、4年制です。前半の2年間は一般教養と専攻分野の基礎科目、後半の2年間は専門科目を履修するのが一般的です。ただし、学年による区別はあまりなく、取得単位数が重要です。卒業には、2学期制の大学では120単位、4学期制の大学では180単位が必要です。

留学生用のパスウエイプログラムでは、初年度にアカデミック英語と学部のコア科目を並行して履修します。初年度に履修した科目の単位は、アカデミック英語も含めて全て卒業単位として認められるため、パスウエイプログラムの入学ルートも卒業に要する期間は4年間です。

アメリカのパスウェイ