アップデート情報
College Pathway

世界で学ぶ力を、子どもたちに。

いま、世界を動かしているのは、英語で発信される膨大な情報。インターネット上のコンテンツの割合は、英語が約50%、日本語は約3%と言われています。子どもたちには、言葉の格差を乗り越えて、日本語では見つからない答えを探し出す力を身につけてほしい。私たちが提供するCollege Pathwayは、英語で学ぶ力を育むeラーニングシステム。2,000時間超の学習コンテンツと定着率を高める独自のシステムで、「読む・聞く」といったレセプティブスキルを集中的に磨きます。生まれた国の言葉に縛られず、知りたいことを自由に学べる未来へ。College Pathwayは、ITと良質な学習コンテンツを組み合わせることで、新しい英語の学び方を提案します。

college pathwayサービスイメージ

レセプティブスキルを磨いて、英語で学べる力を育む。
国内受験から、海外進学までめざせるeラーニングシステム。

01

レセプティブスキルに
特化した学び

レセプティブスキル

読めるから書ける。聞こえるから話せる。College Pathwayは、英語4技能の基礎となる「読む・聞く」に特化したeラーニングです。インターネットが普及した現在、英語を理解する力があれば、子どもは自由に知識を深めていくことができます。まずはインプットの質を高めること。それが、いまの時代に合った学び方であると私たちは考えています。

02

教師がコミットできる
仕組み

教師がコミットできる仕組み

時には自分のペースで学ばせるだけでなく、必要に応じて先生がサポートしてあげることも大事です。College Pathwayでは、先生がカスタマイズした教材をテスト配信できる機能や、学習状況を管理するためのポートフォリオ機能をご用意しています。使い方はシンプル。ITに不慣れな方でも簡単に使いこなすことができます。

03

ラウンドメソッドで、
何度も学ぶ、多面的に学ぶ

ラウンドメソッド

単語の習熟状況をスーパー英単語、スーパー英文法、Reading Bank、Listening Bankの4コンテンツで連動。ひとつの言葉を多面的・反復的に学ばせることで、効率よく定着させていく仕組みです。間違えた単語・苦手な単語が明確に分かるので、効率よく学習を進めていくことができます。

学習の流れ

簡易テストで、いまの自分の英語力を確認。

レベル診断テスト

本格的なトレーニングをはじめる前に、まずは力試しをしてみましょう。10分程度の小テストで、4つのスキルを判定。レベルに応じて、おすすめの教材を提案します。テストは何度でもトライできますので、定期的に実力を確認して、必要なスキルを伸ばすようにしましょう。

プレースメントクイズ
images

Training Bankから、自分のレベル・目的に合った教材を選んで学ぶ。

Training Bank

レベル診断テストの結果を参考に、自分のレベルにあった教材で学習をはじめましょう。Training Bankでは、豊富なコンテンツを通じて、Vocabulary、Grammar、Listening、Readingの4スキルを鍛えます。コンテンツ間で語彙の習熟状況を連動させているので、効率よく学習を進めることができます。

Training Bank
Vocaburary Bank

スーパー英単語

詳しく見る
Grammar Bank

スーパー英文法

詳しく見る
Listening Bank

Listening Bank

詳しく見る
Reading Bank

Reading Bank

詳しく見る
images

Portfolio機能で弱点を確認。復習を繰り返す。

Portfolio機能

ある程度学習が進んだら、Portfolio機能で学習状況を振り返ってみましょう。勉強はどうしても自分の得意分野に偏りがちになります。スキルごとの学習バランスを確認して、苦手分野にも積極的に取り組むようにしましょう。

生徒には

成長を数字で実感できる

タイトル MyPortfolio

ほかにも、アイデア満載の副教材など
学習意欲を継続させる仕掛けが満載

詳しく見る

先生には

クラスの学習状況を管理する

タイトル ClassPortfolio

ほかにも、教材作成機能など、
授業効率を高める管理者用機能が充実

詳しく見る

導入プラン

導入プラン

アップデート情報

【管理者画面】

テストセンター(miniテスト)の配信セット一覧から配信履歴を確認できるようになりました。
テストセンターの受講者の解答や正誤などを一括ダウンロードできるようになりました。
ディクタンテストで解説の表示、非表示が選択できるようになりました。
CP教材学習状況のReading BankとListening Bankでレベル別の進捗状況を確認できるようになりました。

【受講者画面】

スーパー英単語に英検準1級、英検1級のBookを追加
テストセンター 受験後のスコア画面で、本試験の換算点と現在のCPでの学習レベルが表示
ディクタン「ゆっくり再生」モードを追加
ディクタン 茶帯・白帯の判定基準に再生回数制限を追加

【システム全体】

製品に関するお問い合わせやご質問はこちら お問い合わせ